ボディータッチでモテる

ボディータッチが自然にできると、モテる人になれます。
異性に対してのボディータッチは自分を意識させる手法だからです。

「自然にできる」というところが重要です。
不自然だと、セクハラか変態になってしまいます。

全く面識のない人へのボディータッチは絶対にNGです。

モテるボディータッチは、さりげなく自然にスムーズに。
上級者向きと言えるかもしれません。

例えば、女性があなたに雑誌や書類などを見せてくれる時に
正面から見ても逆さまで読めません。

そんな時にはスッと横に行き、覗き込むようにしてみましょう。
腕が触れれば「自然なボディータッチ」です。

横に並んで歩いている時に、上りのエスカレーターを使用する場合。
背中と腰の間辺りを押して先に上がらせてあげましょう。

下りのエスカレーターでは先に下り、女性の前の手すりに手を掛けて
女性が前に倒れないようにしてあげましょう。

レディファーストと合わせてボディータッチができると
女性にとって忘れられない出来事になります。

逆に、お酒の席ではボディータッチが頻繁だと女性から嫌われるので
やめておいたほうが安全です。


笑顔でモテる

笑顔を向けられて嫌な人はいません。
笑顔は相手に対して安心感を与えます。

女性にモテる笑顔とはどういう笑顔でしょうか
微笑む程度に一瞬ニコッとする感じの笑顔です。

いつも無愛想なタイプの男性が好きという女性も
いるかも知れませんが、大抵は笑顔に弱いものです。

決してニヤーっと笑ってはいけません。
いやらしく感じられてしまいます。

鏡を見て練習してみましょう。

意中の女性には、他の人に対するよりも
少し歯を見せて笑うように心がけてください。

「わたしにだけ特別な笑顔を向けてくれる」
と気づいてもらえるかも知れません。

会話を見ていた人が「彼があなたに向ける笑顔は違うよね」
などと彼女に言ってくれたら大成功です。

その日から彼女はあなたを意識しだすはずです。

ポイントは目を見て微笑むことです。

おつりを受け取った時や質問に答えてくれた時に
「ありがとう」の言葉を添えてニコッとするのも効果的です。

職場の同僚の女性と目が合った時にも
挨拶がわりにニコッとしてみましょう。

好感度がグンと上がる事うけあいです。
好感度が上がることこそが、モテることへの第一歩です。


モテる方法

女性にモテるためには、女性と喋れることが必要です。
女性と話もできないようでは、自分をアピールできません。

「出会いがないのだから喋るチャンスなんて無い」
と思っている男性もいるでしょう。

出会いは、家から一歩外に出ればどこにでもあります。

コンビニに行って女性店員に話しかけてみましょう。
「歯ブラシは置いてますか?」
「○○雑誌は入りましたか?」

この時のポイントは、レジできかずに
商品整理をしている店内の女性店員にきくことです。

レジで商品についてきかれるのは、日常茶飯事。
印象に残らないものです。

レンタルビデオショップでは、自分で探さずに
サラッと見るだけにして店内にいる女性店員に尋ねます。
「○○のDVDありますか?」

探してくれている時には店員さんに付いて行きます。

自分でサラッと見るのは、自分では探そうとせずに
店員を使おうとしていると思わせないためです。

居酒屋やレストランでは、こちらの情報をさりげなく伝えるようにききます。
「これは辛いですか?」
「甘いのは苦手なんですけど…」

1回では大した効果はありませんが、何回か顔を合わせるうちに
自然と挨拶できる間柄になれます。

店員さんと別の場所で合った時は大チャンス。

「△△の店員さんですよね」と、名前が分かっていても
あえてこのようにききます。

「△△で可愛い店員さんなので覚えていました。」
こんなふうに素直に言いましょう。

相手にあなたの素直さが伝って、好印象を与えられます。
その後は、お店に行く度に親しくなれるでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。